Question

コーヒーの飲みすぎは腎臓結石の原因になりますか?

コーヒーや紅茶を飲みすぎると、腎臓結石ができやすくなるのでしょうか? その場合、一緒にとるとよい食品などありますか?

女性/30代

2023/12/22

Answer

コーヒーや紅茶には、結石の原因となるシュウ酸が多く含まれています。そのため、たくさん飲みすぎると尿路結石ができやすくなってしまいます。結石予防の観点からすると、飲水の際には水や麦茶、ほうじ茶を選ぶのがよいでしょう。


シュウ酸は、食べ物のアクの素になっている成分でカルシウムと結合しやすい性質を持っています。シュウ酸はカルシウムと腸の中で結合し、便とともに排出されることで、尿中にシュウ酸を排出しにくくなることがわかっています。日頃からコーヒーや紅茶を飲む場合には、一緒にカルシウムを摂取することが結石の予防につながります。


コーヒーや紅茶を飲むときは、カルシウムを多く含む牛乳を加えるとよいでしょう。脂肪分のとりすぎも結石がつくられやすい要因となりますので、脂肪分の少ない牛乳に切り替えるとより効果が期待できます。ただし、必ずしもカルシウムを同じタイミングで摂取しなければならないということではありません。


そもそも、日本人はカルシウム摂取不足の方が多いといわれています。さらに、尿管結石のある方はとくに不足傾向にあるようです。日頃からカルシウムを多く含む食品を意識してとることが望ましいでしょう。目安としては、1日600~800㎎が理想的です。

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品、豆腐や納豆などの大豆食品、小魚類や海藻類にはカルシウムが多く含まれています。とくに牛乳や乳製品は他の食品と比べてカルシウムの吸収率が高いため、効率よく摂取することができます。ぜひ、参考になさってください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

結石

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。