Question

卵巣嚢腫の手術。仕事復帰までの期間は?

検査で卵巣嚢腫(のうしゅ)が見つかり、手術を受けることになりました。会社に休みの相談をする際の参考にしたく、腹腔鏡下手術と開腹手術について仕事復帰までどのくらいかかるか、一般的な目安を教えてください。

女性/30代

2023/12/17

Answer

ほとんどの良性の卵巣嚢腫では、腹腔鏡下手術が可能となっています。ただし、術中の出血や癒着などによって開腹手術に切り替えることがまれにあるようです。

入院期間は、病院の方針や術式で異なり、また回復過程が長引く要因(血圧が高い、血糖値が高いなど)の有無などで差があります。長引く要因がなく、経過が順調の場合、腹腔鏡下手術ではおおむね1週間以内の退院、退院後の経過観察で問題なければ、手術から2~3週間程度で復帰可能のようです。


開腹手術の場合、2週間程度の入院で、傷あとに余分な力を加えない期間は2~3カ月程度ですが、職場復帰は、順調であれば術後1カ月程度が一般的です。また、開腹手術となれば、重たい物を持つなどの業務は数カ月間難しくなり、通勤ラッシュを避ける必要などが出てくるかもしれません。状況に応じて、主治医と相談のうえ、労働条件などを明記した診断書を提出したり、場合によっては、休職期間をもう少し伸ばしていただくような対策が必要になるかもしれません。からだの状態に合わせて、その都度、対応されることをおすすめします。


治療の内容やからだの状況によって、休職期間が変更になることは珍しいことではありません。主治医と相談は必要ですが、一般的な期間で業務の調整を行ってはいかがでしょうか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

手術

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。