Question

メンタル不調で受診中。主治医の交代に不安

メンタル不調で精神科に通っています。最初の担当医のA医師とは相性が悪く、現在の病院に転院しました。現在の主治医・B医師のもとで症状は安定しています。しかし、A医師が現在通院中の病院に着任しました。それ以来、年齢的に退任が近いと思われるB医師が退職したら、A医師が担当になるのではと、とても不安です。B医師にはA医師との経緯や内科系の持病のことなども話していて信頼しています。

女性/20代

2023/12/10

Answer

現在、ご相談者は現在の主治医・B医師のもとで安定した状態を保っておられるとのこと。ご相談者はB医師の退職後に不安を感じておられるようですが、実際にB医師は近々退職することがはっきりしている状況でしょうか。聞きにくいことかもしれませんが、診察時に直接質問してみてはいかがでしょうか。B医師の退職に関して強い不安を感じていることも話してみましょう。


B医師には、前医・A医師との間の経緯についてもすでに説明されているようですね。また内科系の持病もあって、治療を続けていることもご存じのようです。患者さんをよく知ったうえで治療に当たってくれる医師は得がたいものです。特に精神科領域は、検査データなどの客観的な情報が少ない特性があるため、医師との人間関係は、患者さんにとっては治療に影響する傾向がより強いものです。

必要とあれば、A医師との今までの経緯を再度話し、現在ご相談者が何を不安に思っているか、今後の治療や生活をどのようにしていきたいか、B医師に相談することがいちばんだと思います。


ただ、ときには主治医であっても相談しにくい場合もあります。現在の病院が大きな施設であれば、患者相談室のような窓口があると思います。相談内容などがほかに話される心配はないので、そちらを利用するのもよいでしょう。また、相談室がない場合などは、公的な相談機関として最寄りの保健所や保健センター、都道府県の精神保健福祉センターに相談することもできます。まずはお1人で抱え込まず、B医師、または相談機関に話をしてみてはいかがでしょうか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

こころの悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。