Question

手術法の選択で何を優先すべきか迷う

鼠径ヘルニアの手術を受けるため、会社に休暇の相談をしたいものの、人手不足で忙しい状況のため、少し言いづらい状況です。腹腔鏡下手術を希望しているのですが、より早く仕事復帰できる手術法を選択するべきか、迷っています。

男性/40代

2023/11/29

Answer

鼠径ヘルニアの手術方法の選択にあたっては、職場の事情や業務に合わせるというよりも、治療や療養のために必要な日数の休暇を取得されるということでよいと思われます。

腹腔鏡下手術は、技術を要する治療ではありますが、患者さんとって術後の傷の治りや経過の面でも負担が少なく、近年よく行われてきているようです。


鼠径ヘルニアの状況にもよりますが、主治医とよく相談され、日数を抑えるために治療方法を決めるのではなく、ご自身の状態やご希望に沿った形で治療法の選択を検討されるということでよいのではないでしょうか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ヘルニア

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。