Question

健診で胆嚢ポリープを指摘された

健康診断で「胆嚢ポリープ様のものがある」と指摘されました。大きさは約10㎜です。すぐに精密検査などを受けたほうがいいでしょうか? 生活習慣病の予防に食事の見直しや運動をして、1カ月で約3kg減量しました。胆嚢ポリープの改善にも役立つでしょうか?

男性/40代

2023/10/31

Answer

胆嚢ポリープは、胆嚢の内側の粘膜が、瘤(こぶ)のように膨らんでいる状態の病変です。通常、痛みなどの自覚症状はなく、大きさに変化がないかを定期的な検査で経過をみていきます。一般的には、10㎜以上の大きさが、精密検査の目安になります。


ご相談者の健診結果の判定には、どのような指示があるでしょうか。通常「経過観察」のほか、「再検査」「精密検査」のいずれかの指示があると思います。まずは、今回の健診結果の指示を確認いただき、その指示に従うのがよいと考えられます。

ご相談者は、胆嚢ポリープの大きさが10㎜程度ということで、指示が「経過観察」になっていた場合でも、一般的な精密検査の目安を考えると、念のため内科、消化器内科、肝胆膵内科などを受診し、今回の結果と今後の管理などについて相談するとよいと思います。


ポリープの種類にもよりますが、最も多いコレステロールポリープの場合、脂肪をとりすぎない食事、積極的にからだを動かすことが大切といわれています。

ご相談者は、1カ月で3kgの減量をされたとのことですが、一般的に、肥満を予防する対策は、コレステロールポリープの予防にもつながると考えられるでしょう。医療機関の受診の際に、生活上の注意点などもあわせてご相談してみてください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ポリープ

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。