Question

イベントの中止が続いてつらい。気持ちをうまく切り替えるには?

アマチュアの小さな吹奏楽団に所属しています。年に数回、地方の音楽フェスティバルなどに出演するのが楽しみです。今夏以降、ようやく活動できると思っていたものの、主催者の都合などでイベントの直前の中止が続き、落ち込んでいます。忙しい仕事の合間に練習を重ねて臨んでいる分、公演への思いが強いのかもしれません。どうすれば気持ちを引きずらずに切り替えられるでしょうか?

女性/40代

2023/11/02

Answer

楽しみにしていた予定が急に中止になれば、誰でも大きなショックを受け、すぐに気持ちを切り替えるのは難しいこととお察しします。ただ、イベントなどに関しては、中止になる可能性を頭の片隅に入れておくことが必要になるのかもしれません。もちろん、そう思っていても、実際に中止になれば大変つらいことに変わりはないものの、万一のことを想定しておくことで、いくらかショックを和らげることはできるのではないでしょうか。


例えば、もし中止になったときには、その分もう少し練習ができるから、次の機会にはさらによい演奏につながると考えたり、地方の音楽フェスティバルということで、周辺を少し観光して帰るなどのように、別の予定を考えておくのも方法かと思います。

どのような事柄でもいえることですが、期待する気持ちが大きいと、叶わなかったときの衝撃が大きくなります。難しいかもしれませんが「中止にならなければうれしいけど、もし中止だったら、次に向けて力をため、今回は別のことをして楽しもう」などというように考えておけるとよいかもしれません。受けるショックが小さければ、それだけ引きずる気持ちも小さくなると思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

落ち込み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。