Question

バリウム検査で胃隆起性病変の結果に

健康診断のバリウム検査(上部消化管X線検査)で「胃隆起性病変」と判定され、経過観察となりました。この場合、胃の内視鏡検査を受けたほうがよいでしょうか?

女性/30代

2023/08/22

Answer

通常「胃隆起性病変」は、ポリープや胃・十二指腸などの粘膜の表面が盛り上がった状態をいいます。検査結果に、経過観察とあったときは、胃のひだや、バリウムのムラによる陰影、問題のない胃ポリープなどがある場合です。悪性の病気が疑われ、治療の必要がある異常がみられるときには、必ず内視鏡などの精密検査が必要で、経過観察ではなく、再検査や消化器内科の受診をすすめられます。


検査結果に記載される「経過観察」とは、現在、薬や精密検査などの医療的な処置の必要はないものの、何らかの異常がみられる、という意味です。こういったコメントがあった場合は、慌てて不安をもたず、しかし毎年必ず健康診断を受け、体調に変化を感じたら、例えば、痛み、吐き気や消化不良などの症状があれば、医療機関を受診するようにしましょう。

また、今回の結果が気になるようであれば、受けられた健診機関に、どのような状態があって経過観察となったのかを問い合わせて確認されるとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

バリウム検査
経過観察

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。