Question

頭痛が治らない。更年期の影響? 疲労感や微熱も

頭痛が治らず、困っています。もともと頭痛を起こしやすいのですが、今回は更年期が関係しているのか、疲労感や微熱も続いていて、先日は吐き気もありました。一度受診したほうがよいでしょうか?

女性/50代

2023/08/02

Answer

頭痛による受診の必要性は、症状の持続期間や強さがふだんと比べてどうか、吐き気はこれまでも起こったことがあったか、高血圧などの持病がないかなどによって異なります。また、倦怠感や微熱、体重の増減、むくみなどがあれば、まれに甲状腺などの内科的な病気が隠れている場合があります。なお、懸念されているように、更年期による症状という可能性も、もちろん否定はできません。


更年期の症状や程度は、個人差が大きく、頭痛や倦怠感も更年期の代表的な症状といえます。しかし、これらの症状が更年期の女性ホルモン低下に伴うものかどうかをはっきりさせるには、まず脳神経外科や内科系の別の病気がないことを確認する必要があります。


そのため、まずは、頭痛の症状がふだんより強く、長引いている場合は、脳神経外科へご相談されることがすすめられます。その際、頭痛が起こったときの痛みの強さ、頭痛薬の使用の有無と効果、吐き気があったタイミングや程度、倦怠感の有無、体温の変動の状況、月経の有無など、頭痛の原因となりそうな出来事の有無を記録した頭痛ダイアリーをつけて、医師へ見せると診断や治療に役立つこともあるといわれています。

また脳神経外科で脳や神経系に問題がなかった場合、内科や婦人科に相談したほうがいいかも、あわせて相談されるとよいでしょう。


回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

頭痛
脳神経外科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。