Question

職場での残留受動喫煙が心配……

同じ課にヘビースモーカーが数人いて、彼らが喫煙ルームから戻るたびに強烈なたばこのにおいが漂います。毎日のことでつらいです。今後の妊娠・出産に影響が出ないかと心配です。上長への席替えの相談を考えたこともありましたが、数人いるのでは避けるすべがない気がして相談をためらっています。

女性/20代

2023/06/13

Answer

毎日、周囲の人のたばこのにおいに悩まされて、さぞおつらいことと思います。他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の健康への影響は、流涙や頭痛などの症状だけでなく、さまざまな影響が報告されています。受動喫煙ですべての人が病気になるということではありませんが、発がんリスクを高める、心筋梗塞などの虚血性心疾患の発症に影響するなどが考えられています。

また、ご相談者が心配されている妊娠・出産については、妊婦の受動喫煙は胎児に影響し、低出生体重児の出産の発生率が上昇することがわかっています。小児ではぜんそく、気管支炎といった呼吸器疾患などとの関連が、乳児では乳幼児突然死症候群のリスクを高めると報告されています。


近年、注目されているのが「サードハンド・スモーク」です。残留受動喫煙、三次喫煙とも呼ばれるもので、喫煙が行われた場所に残ったたばこの有害成分や、喫煙者の衣服、頭髪、呼気から発散されたたばこの有害成分を吸うことを指し、受動喫煙の1つと考えられています。ご相談者はまさにこのサードハンド・スモークに悩まされている状態といっていいでしょう。


どれくらいサードハンド・スモークにさらされるとどんな影響が出るかなどのデータはまだ報告されていないものの、今後、調査研究が進められ、サードハンド・スモークについても対策が具体化するものと考えられます。

個人でできる対策としては、マスクの装着などが考えられますが、改善することがなかなか難しいこともあるかと思います。ご相談者は精神的に強いストレスを感じているようです。やはり上長や社内の衛生・保健担当部署、産業保健スタッフ(産業医、保健師など)に相談されるのがいいと思われます。換気を徹底する、空気清浄機を設置してもらう、消臭スプレーの使用を促してもらうなど、何らかの対策の実施を申し出るといいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

受動喫煙
ストレス
職場の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。