Question

からだのほてりや眠気。男性更年期?

暑い時期は手のひらと足の裏が熱くなります。ここ数年、加齢とともに顕著になりました。その影響か、日中の仕事中によく眠気が起こります。加齢による自律神経の問題か、更年期障害でしょうか?

男性/40代

2023/05/18

Answer

一般的に、からだのほてりを起こす原因としては、検査でわかる範囲のものと、そうではないものがあります。

検査でわかる範囲の原因は、微熱などが続き、何らかの感染を起こしている場合や血圧値が高い場合、甲状腺などホルモンの数値に異常が出ている場合などです。薬の副作用や男性ホルモンの低下で、からだのほてりの症状が出ることもあります。

検査でわからないからだのほてりの原因は、精神的な緊張やいつもと違う生活習慣により、自律神経のバランスが乱れること、睡眠不足、疲労などが考えられます。


男性更年期障害の症状は、精力の減退や不安、不眠、焦り、気力の低下、からだのほてり、全身倦怠感などといわれています。

症状があっても程度が軽く回復するようであれば、経過をみて、症状が続く場合や日常生活に支障がある場合は、一度お近くの内科で相談されるとよいでしょう。


ほかにセルフケアとして、規則正しい生活をおすすめします。朝食は抜いたりせず、バランスのよい食生活や適度な運動、十分な睡眠も心がけるとよいですね。ストレスを解消することも大切です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

眠気
更年期
内科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。