Question

将来の親の介護に備えるには?

遠方に住む親について、現在はすぐに介護が必要な状態ではないのですが、今後に備え、あらかじめどのようなことができるでしょうか? 知っておいたほうがよいこと、心構えなどについてアドバイスをいただければと思います。

男性/30代

2023/04/29

Answer

近い将来に想定される高齢の親の介護について、前もって情報をもち、準備しておくことはとても大切ですね。加齢とともに身体能力が衰え、転倒などによるけが、病気、認知症など、介護が必要になる可能性が高まります。個人差が大きいものの、若い人のように回復が望めない場合や、1人でできていた身の回りのことが次第に困難になっていくことがほとんどです。


親の住まいがある市区町村で、お近くの地域包括支援センターの相談窓口や高齢者介護を担う事業所などを紹介してもらいましょう。あらかじめ介護認定の申請方法や、介護度に応じてどのようなサービスが受けられるのか、近隣の施設の状況なども知っておくと安心です。介護保険内のサービス以外にも、日常生活を楽しく快適に過ごすために活用できる有料サービスなどもあります。高齢者の福祉や健康に関するパンフレットや広報誌などに目を通すよう心がけていると、有効な情報をキャッチしやすくなるでしょう。

また、介護サービス全般についての概要や利用までの流れなどについては、福祉医療機構(WAM NET) のサイトに掲載されています。よろしければ、参考にされてください。


高齢者の病気は、若い人のようにはっきりした症状が出にくい特徴があります。気づかないまま、あるいは気になりながらも放置してしまい、ある日突然動けなくなったり、進行したりしている場合があります。もしご本人に持病がある場合は、かかりつけ医との関係性を良好にし、連絡を取りやすい状況を作っておくとよいでしょう。急な入院などの際にも、かかりつけ医に日ごろのデータを提供してもらうとその後の診断にたいへん役立ちます。

親には時折、できれば直接会って、通院や服薬の状況、ふだんの行動、心身の状況などを把握されて、体調管理(運動、食事など)のサポートをされるとよいかもしれません。きょうだいがいらっしゃる場合はそうした情報を共有し、将来の対応について事前に相談しておくことをおすすめします。健康寿命が延びることは、ご本人はもちろん、家族にとっても大きなメリットになることでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

親の介護
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。