Question

サプリでLDLコレステロールは改善したが中性脂肪が急激に低下

LDL(悪玉)コレステロール値の高さが気になり、健康診断の数週間前からクレアチンのサプリメントを飲んでいたところ、これまでにないほど改善されました。ところが中性脂肪も急激に低くなり、このままサプリを飲み続けてよいのか迷っています。中性脂肪を維持したまま、コレステロール値を下げる方法はありますか?

女性/40代

2022/12/20

Answer

まず「脂質」についてご説明します。コレステロールや中性脂肪といった脂質は三大栄養素の1つで、からだに不可欠な物質です。コレステロールは細胞の膜を構成するほか、各種ホルモンの合成、脂肪の消化に関わる胆汁酸の原料にもなります。一方の中性脂肪はエネルギー源として使われなかった分が蓄えられ、非常時のエネルギーになります。このように脂質は生きていくうえで欠かすことができないもので、低ければ低いほどよいわけではありません。もちろん、高すぎると病気を引き起こす要因になるため、高すぎたり低すぎたりしないことが大切です。


なお、健康診断では食事を控えるため、脂質検査の中性脂肪値が低くなることが多いです。また一般的に、やせている方は中性脂肪値が低い傾向がみられるほか、食事量が少ないと体重減少や栄養状態から中性脂肪が低くなることがあります。

中性脂肪を維持しながらコレステロール値を下げる確かな方法はないものの、バランスのよい食事をとることで脂質も健康的な数値を維持できるものと考えます。加えて1日3食バランスよく適切な量をとることで適正体重も維持できるため、以下を目安に食事面に気を配りましょう。


【1日の食事の目安】

●主食(ごはん・パン・麺など):中盛りのごはんなら、1日に3〜4杯程度

●主菜(肉・魚・卵・大豆料理など):1日に3皿程度

●副菜(野菜・きのこ・いも・海藻など):1日に5皿程度

●牛乳・乳製品:牛乳なら、1日に1本程度

●果物:みかんなら、1日に2個程度


コレステロール値が気になる場合は動物性脂質のとり過ぎに気をつけ、魚や大豆製品の摂取頻度を増やす、食物繊維を多く含む食品を積極的にとる、野菜や果物を毎日欠かさずとるように心がけましょう。


また、ご参考までにサプリメントについてお調べしました。クレアチンはアミノ酸の一種で、クレアチンリン酸として大部分が筋肉に含まれています。筋肉や脳でエネルギーを貯蔵する働きがあります。クレアチンについて、中性脂肪値との関連を示す情報は見当たらず、中性脂肪値が低くなった要因がクレアチンによるものとは考えにくい状況です。サプリメントを飲み続けてよいのか迷っているとのこと。サプリメントはあくまで補助的なもので、食事や生活面による改善が基本です。食事で足りないところを補うもの程度にとどめて、健康を意識した食事を続けられるとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

中性脂肪
サプリメント
LDLコレステロール
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。