Question

胆のうポリープで経過観察に

健診で腹部エコーを受けたところ、胆のうポリープが見つかりましたが、結果は経過観察との判定。すぐ受診しなくてもいいのでしょうか? 理由として考えられることを教えてください。

女性/60代

2022/11/16

Answer

健康診断で胆のうポリープが見つかったものの、経過観察の判定で、どのような理由が考えられるかとのご相談です。胆のうポリープは、胆のうの内側の壁(胆のう壁)にできるもので、症状がないため、多くは検診などで偶然見つかります。


胆のうポリープには種類があり、一番多いタイプは「コレステロールポリープ」で、コレステロールが胆のう壁に沈着してできる良性のポリープです。細い茎があり(有茎性)、大きさは5㎜以下のことが多く、この場合は特に治療の必要はありません。

今回の検診でも、おそらくポリープが小さく、形状的にも良性の可能性が高いと判断されたと思われます。一般的に10㎜以上の大きさがある場合は、悪性の腫瘍を否定するための精密検査が必要となります。判定の通り、定期的な検診は欠かさず受け、経過を観察していくことでよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ポリープ
経過観察

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。