Question

五十肩で痛くて寝不足。高血圧やだるさなどほかの症状との関係は?

五十肩になり、夜寝るときに肩が痛くて寝不足が続いています。同時期から、からだのだるさや吐き気、血圧が非常に高くなる日もあります。五十肩と関係あるでしょうか?

男性/50代

2022/11/09

Answer

五十肩(肩関節周囲炎)による肩の痛みがあり、寝不足の状態が続いていらっしゃるのですね。同時期から複数の症状を抱えているとのことで、からだだけでなく、気持ちの面でも負担を感じやすいことと思います。


五十肩は、腕を動かすときに感じる肩の痛みや肩関節の動きが悪くなるのがおもな症状で、腕が上がらない、眠れないほど肩が痛むといった症状が現れることもあります。また、睡眠不足が続くと、日中に眠気や倦怠感、だるさを感じる、集中力や仕事の能率が低下するなど、さまざまな症状が出てきます。さらに、睡眠不足が長期化すると、生活習慣病(肥満や糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳卒中など)や、うつ病のリスクが高まるといわれ、近年では認知症の発症に影響を与えるという報告もあるようです。


ご相談者の諸症状に該当する五十肩の症状の情報はありませんでしたが、睡眠不足はからだにさまざまな影響を及ぼすので、もしかしたら関連はあるかもしれません。また、ご心配な諸症状については、ほかの原因や病気の症状として起こることもあります。なお血圧に関しては、持続していないものの、かなり高い状態になるとのことで、一度受診しての相談をおすすめしたいと思います。


もし、かかりつけ医がいらっしゃれば、まずはかかりつけ医へ相談されるとよいでしょう。かかりつけ医がいない場合は、お近くの内科や総合内科での相談がよろしいかと思います。相談の際には、血圧の記録用紙を持参していただくと診療の助けになります。また、肩の痛みでよく眠れないとのことなので、あわせて整形外科での再相談も検討してみてはいかがでしょうか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

高血圧
五十肩
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。