Question

卵巣嚢腫の治療でホルモン製剤を注射後、漢方薬を服用してよい?

卵巣嚢腫(のうしゅ)の治療のため、婦人科でリュープロレリン酢酸塩注射を受けました。普段、冷え性や月経不順の対策として漢方薬の当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を服用しています。注射を受けた今も飲んで大丈夫ですか?

女性/30代

2022/10/22

Answer

リュープロレリン酢酸塩は女性ホルモン製剤、当帰芍薬散は月経不順などの治療として用いる漢方薬です。リュープロレリン酢酸塩および当帰芍薬散、それぞれの一般情報を確認したところ、ともに禁忌事項や併用注意の記載はありませんでした。


ただし、薬については医師や薬剤師が専門家となり、服薬に関することは治療に当たるため、婦人科医や薬剤師などに確認する必要があります。注射後、当帰芍薬散を飲んでもいいか、婦人科主治医や薬剤師に相談し、具体的な指示を仰いでください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

漢方

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。