Question

新規事業へのプレッシャーで心身の不調

新しいプロジェクトを担当する部署に配属されました。プレッシャーも大きく、仕事の進め方でわからないことも多く、毎日強いストレスを感じています。長時間労働が続き、1カ月ほど経ったころから動悸のほか、出社前に吐き気がし、たまに嘔吐するように。これらの症状を改善する方法はありますか? また心療内科を受診したほうがよいでしょうか?

男性/30代

2022/10/09

Answer

新しい配属先で新たな取り組みをしている最中とのこと。しかし、仕事でわからないことが多く、長時間労働が続きて、負担が大きい様子なのですね。1カ月経過したあたりから動悸、出勤前の吐き気、嘔吐などの症状がみられ、今後の仕事への影響を懸念されているとのこと。気持ちの面でも負担を感じやすいことと思います。


通常、症状によって日常生活に支障が出ている場合や、症状が1、2週間以上続く場合は、医師の診察を受けることがすすめられます。今回は、動悸、吐き気などの複数の身体症状があり、1カ月ほど続ているとのことで、まずは内科へ相談してみることがよいのではないかと思います。

質問内容から、およそストレスが原因で身体症状が現れていることが伺えましたが、診断の手順としては、まずはからだから診察し、身体疾患がないことを確認したうえで、医師と相談し、必要に応じて心療内科や精神科を受診することが望ましいと思います。


受診の際に、医師に上手に症状を伝え、理解してもらうために、症状が「いつから」「どんなふうに」「どの程度」「どのくらいの間にどのくらいの時間続くか」「どのような状況で」「症状を軽くまたは悪くするような因子はあるか」「主症状に伴う別の症状があるか」などを伝えてみましょう。短い診察時間に症状を要領よく伝える工夫としては、症状を時系列にまとめ、記載したものを持っていってもよいでしょう。


また、相談者の職場には、心身の健康について相談できる専門の窓口や、スタッフはいますでしょうか。会社には、従業員の心身の健康を守るために、産業医や保健師、産業カウンセラーなどの産業保健スタッフが在籍していることもあります。

仕事やストレスの様子、症状などについて、どう対処したらよいか、就業しながらの健康管理について、身近にいる産業保健スタッフへ具体的に相談することも方法の1つでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス
職場の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。