Question

留学したものの環境に慣れず、母にも相談できず…

現在、留学中です。昔から一番の相談相手は母ですが、つい弱音を吐いてしまうので今は電話で相談しないようにしています。決して裕福ではないのに留学を許してくれ、留学資金のために母はパートの仕事を増やして働いています。それなのに、楽しい話より不安や弱音ばかりで、私が母の心身の疲労を倍増させていると思います。ホームシックに加え、慣れない生活環境や人間関係から、一時は気持ち悪くなるほどお菓子を食べ続けたことも。今は食べたい欲求はなくなりましたが、お菓子を買うことはやめられず、朝まで眠れないことも多々あります。つらいです。

女性/~10代

2022/09/30

Answer

今までは何かあると、お母さまに相談できていたのですね。しかし、留学されてからは、直接電話で相談したりすることができていないとのこと。

心配をかけたくないと考え、むしろお母さまのことを心配されているご様子に、ご相談者の優しさを感じました。


しかし、環境の変化に加え、心身の不調もあり、ご相談者が一番大変なときなのではないかと思います。どうか、今はご自身のことを優先して考えるようになさってくださいね。また、このようなときは、ついマイナスに考えてしまいがちですから、事実として確認できたこと以外は、あまり推測しないようになさってください。


気持ち悪くなるまで食べることは、やめられたのですね。がんばって工夫されたのではないかと思います。お菓子を買うことはまだ続いているとのことですが、そこでストップをかけられているのであれば、今はそれでよしとなさってはいかがでしょう。


朝まで眠れないこともあるとのこと、心配しております。学校の保健室や担任の先生などに相談できる状況であれば、相談なさることをおすすめします。必要であれば、日本の学校の担当者などに相談することも可能だと思いますので、選択肢の1つとしてお考えくださいね。


回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス
孤独
環境
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。