Question

長年の首の痛みは食いしばりが原因?

車の追突事故が原因で首を痛めて以来、長い間、首の痛みに悩んできました。ところが最近、歯科医で食いしばりを指摘され、ネットでマウスピースを購入し、就寝時に装着したところ首の痛みが大幅に改善されました。そこで質問ですが、食いしばりは首が悪いことが原因でしょうか? それとも食いしばりが原因で首が痛むのですか? 

また、うつ伏せで手を下敷きにしたとき、すごく歯を食いしばっていることに気づきました。何か関連があるのでしょうか? これを改善するには何科を受診したらいいですか?

女性/40代

2022/09/30

Answer

長年、首の痛みで困っているのですね。食いしばりの原因や首の痛み・うつ伏せとの関連性、および受診先の診療科を知りたいとのこと。


まず、食いしばりの原因としては、一般的にストレス、遺伝、交感神経活動の亢進、睡眠途中の覚醒などが指摘されていますが、不明な点が多く残されているようです。ストレスにさらされながら頑張っているとき、無意識のうちに歯を食いしばってしまう人も少なくないと言われています。また、歯を食いしばることで、歯を傷めたり、顎関節症を招いたりすることもあるようです。首の痛みとの関連性については明確な情報はありませんが、肩こりや首の痛みは、頸椎疾患や歯科疾患の随伴症状として現れる場合があるといわれています。


うつ伏せとの関連については、あいにく明確に答えられるような情報が見つかりませんでした。ただ、うつ伏せ寝はあごの関節や筋肉にかかる負担が大きく、顎関節症の方は控えるようにとの情報があり、食いしばりとの関連性も少なからずあるのかもしれません。


首の痛みについての受診先は一般的には整形外科ですが、マウスピース装着により症状が改善している様子なので、まずは受診なさった歯科で相談してみてはいかがでしょうか。

相談者は現在、インターネットで購入されたものを使用中とのことですが、歯科で相談すると、個人の歯型にあったものを保険適用でつくってもらうことも可能かと思われます。

長期間の装着により、マウスピースがすり減ったり、かみ合わせが変化したりすることもあるようで、装着期間なども含め、歯科医師とよく相談するとよいと思います。


回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。