Question

ジェネリック薬は新薬よりどのくらい安い? 両者の違いは?

ジェネリック薬は従来品(新薬)よりも安いといわれていますが、どのくらい違うのでしょうか? また、両者の違いとは?

男性/30代

2022/09/13

Answer

薬剤をジェネリック医薬品にすることで、価格が新薬の半分程度か、場合によってそれ以上安くなることもあります。服用する期間が長い場合や、服用する家族の人数が多いほど、節約効果が期待できると思います。


ジェネリック薬とは、新薬と同じ有効成分でつくられた後発医薬品のことです。新薬の独占販売期間が終了後に製造されるため、価格がリーズナブルなのが特徴です。国の厳格な審査をクリアし、製造販売が承認されているので、安心して使うことができます。


ジェネリック薬については、日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会のサイト「かんじゃさんの薬箱」が参考になります。新薬との薬価の違いなどを調べることもできます。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ジェネリック
処方薬
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。