Question

上司とトラブル。それ以来かかわるたびに動悸が……

ささいなことで上司と衝突しました。初めは謝罪してくれましたが、私はなかなか許すことができませんでした。するとだんだん上司から話しかけられる回数が少なくなり、業務も徐々に減らされています。「どうすればよかったのだろう」と悩むうち、上司と話すと動悸がするようになりました。もしかすると心の病気になりかけているのでは……と心配です。

男性/20代

2022/09/06

Answer

ストレスと不安を抱えながら、働く心労はいかばかりかとお察しします。ご相談者は上司ともめた内容はささいなことと認識されていますが、上司の態度がその件以降変わったことを考えると、上司としては、もめごとの内容やその経緯などが、わだかまりとして残っていることも考えられます。

本来なら、上司と直接話し合うことができればよいのですが、話すと動悸がするほどストレスを感ていることを考えると、それはむずかしいように思いました。その場合、さらに上の上司への相談が考えられますが、いかがでしょうか。上司と話ができないことや、業務が減らされていることを、できるだけ具体的に伝えられるとよいでしょう。


こころの病気になりかけていないかと心配とのこと。動悸などの症状が治まらないときには、早めに心療内科などのクリニックを受診し、自身の心や体の状態を診てもらうことで、これ以上の悪化を防いだり、症状を改善したりすることもできると思います。心配であれば、一度受診されてみてはいかがでしょうか。

また、職場には産業医などの産業保健スタッフもいると思うので、まずはそちらで相談するのも1つです。体調のことに加え、上司との関係でストレスを感じていることを話してみてはいかがでしょうか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス
職場の悩み
人間関係 上司
動悸
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。