Question

望まない仕事に無力感

家族の希望もあり、本当にやりたかった芸術系の仕事を諦め、今の仕事に就きました。しかし心から望んだ仕事ではないため、これからのことを思うと無力感があふれます。かつて芸術系のアルバイトをしたときには、ミスをしてもそこからさらにやる気が出てきていたのですが、今はちょっとしたミスでも落ち込んでしまいます。気分転換をするにも常に仕事が頭の片隅にあり、どうしたらよいかわからず、望んだ道を貫けなかった自分を情けなく感じてしまいます。


女性/30代

2022/09/01

Answer

本当は芸術を支えるお仕事をされたかったのですね。家族の思いもあり、自身の気持ちを貫いて大きな決心をするのは非常に難しいことだったと思います。


気分転換をするにも常に仕事が頭の片隅にあり、どうしたらよいのかわからなくなっていると伺い、心配しております。物事を考えるのにもエネルギーが必要です。心身ともに消耗している今は、健康的な考えや判断をするエネルギーがなく、悪いほうへ深く深く考えてしまい、よりエネルギーを消耗するという悪循環に陥っていると思います。心療内科などの専門医療機関を受診し、自身のケアを優先してほしいと思います。


もし職場内に産業医や保健師などの産業保健スタッフがいれば、仕事の内容や職場環境も含めて相談できると思います。心当たりがなければ、人事などに尋ねると案内してもらえるはずです。


芸術系のアルバイトをした際にはミスをしてもそこからさらにやる気が出てきた経験があると伺いました。本来のご相談者にはそういった力もあるということだと思います。そのため、今はまず無理をせずに、自身の体調を整えることを優先してください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

職場の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。