Question

慢性腎臓病の重症度をみる推算GFR値とは?

慢性腎臓病(CKD)の重症度を把握する推算GFR値(eGFR)とはどんな数値ですか?

女性/40代

2022/07/29

Answer

慢性腎臓病(CKD)は、重症度に対して、ステージ1から5までの5段階に分けられています。その判定指標となるのが推算GFR値(eGFR)です。この数値は、腎臓に、どのくらい老廃物を尿へ排泄する能力があるかを示していて、この値が低いほど腎臓の働きが悪いことになります。


このeGFRは、血清クレアチニン値(Cr)と年齢、性別から計算できます。

日本人(成人)のeGFRを推算する計算式を紹介します。

eGFR(男性)=194×血清クレアチニン値1.094×年齢-0.287


女性の場合、eGFRは、男性の計算式で出た数値に0.739をかけた数値になります。

この計算式は18歳以上が対象です。eGFRの単位はmL/分/1.73m2(1.73m2は平均体表面積)です。


回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

CKD

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。