Question

白内障を放っておくとどうなる?

白内障について教えてください。白内障になったとき、そのまま放っておくと、どうなりますか?

女性/50代

2022/06/30

Answer

目においてレンズの役割をする水晶体が何らかの原因で白く濁り、視力が低下するのが白内障です。原因ははっきりとわかっておらず、加齢とともに起こりやすくなると考えられています。そのほかの原因には薬剤の影響、炎症、先天的なものなどが挙げられます。


水晶体は少しずつ濁るため、初めの頃は自覚症状がなく、濁りが進んでくると、かすんで見えるようになります。まぶしく感じ、片目で見ると二重に見えることもあります。進行すると、かすみによって視力が低下し、徐々に生活に支障をきたします。眼鏡などでも矯正はできません。

症状の進行には個人差があり、10年以上も進行しない人もいれば、2~3年で進行してしまう人もいます。


治療は、症状が軽い間は水晶体の濁りの進行を抑えるために、点眼薬を処方されることがあります。いずれは手術が必要になり、また点眼薬を用いても効果が期待できないことから、定期検診で経過をみることが多くなります。

手術以外で白内障を改善することはむずかしいため、日常生活に支障が生じ、改善が見込まれる場合には、根本的な治療として手術がすすめられます。


手術は、濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを入れます。白内障は予後のよい病気で、手術が手遅れになることはありませんが、進行が進んでからより適切な時期に受けるほうが、安全性が高いといわれています。眼内レンズには、いくつかの種類があり、職業やライフスタイルによって、どれが適切か異なるため、主治医と相談をしながら決めます。

手術の時期は、それぞれの事情に合わせて決められますが、あまり不便を感じていなくても、水晶体のにごりが強い場合、緑内障などを併発することが多く、早めの手術をすすめられることもあります。また、尿病などの持病があり、病状が安定していない場合、安定してから手術の時期を決めます。


日常生活のポイントを紹介します。水晶体の濁りは、加齢とともに起こりやすくなるため、加齢による症状の進行を確実に防ぐ方法はありません。予防法は、サングラス・つばの広い帽子・日傘などを着用して紫外線から目を守る、抗酸化作用のある食べ物をとる、禁煙する、医師が処方した目薬を服用する、バランスのとれた食事・十分な休養・適度な運動などを意識するなどになります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

白内障

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。