Question

にんじんはビタミンCを壊す?

にんじんにはビタミンCを壊す成分が入っていると聞きました。本当ですか。

男性/30代

2021/12/21

Answer

にんじんには、アスコルビン酸酸化酵素(アスコルビナーゼ)が含まれています。この酵素には、還元型ビタミンCを酸化型ビタミンCに変化させる性質があり、還元型から酸化型に変化すると、その効力が減ると考えられていました。そのため、にんじんはビタミンCを壊すといわれていたのです。


しかし現在では、還元型も酸化型も、体内での効力はほぼ同じと考えられています。したがって、にんじんは、ビタミンCを還元型から酸化型にする働きをしても、ビタミンC自体を壊すわけではないのです。


これにより、以前は、還元型ビタミンCの含有量だけを載せていた日本食品標準成分表にも、現在は、還元型に酸化型を合わせた合計値(総ビタミンC量)が掲載されています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

食事
ビタミン
健康トリビア
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。