Question

イライラしたり不安なとき、爪をかむ癖が……

イライラしたり、夜眠れなかったり、不安なときや何か考えているとき、爪をかむ癖があります。痛いのに、ついつい口に持っていってしまうのですが、これは治るのでしょうか?

女性/20代

2022/04/15

Answer

イライラしたとき、何か考えているときなどに癖が出てしまうとのこと。その様子からは、気持ちを落ち着けるため、あるいは集中力を高めるために、爪をかんでいる様子が見受けられます。


子どもによくみられる癖として「指しゃぶり、爪かみ」があります。爪かみについては、何か緊張を強いられ、落ち着きがなく、いらだっているときに多くみられるようで、この緊張の高まりをかわすために爪をかむといわれています。これは子どもの例ですが、ストレスを緩和するための行為と考えられます。自身の日ごろの生活を振り返ったときに、何らかのストレスに思い当たりませんか。何かを我慢して感情を抑え込んでいたりしませんか。思い浮かぶようなら、そのストレスを和らげるために、自分をいたわる時間をつくることからはじめましょう。


ストレスを強く感じているときに癖が出てしまうようなら、癖にかわるストレス発散方法をみつけていきましょう。とはいえ、急激に癖を直すことは新たなストレスになるので、少しずつ、違う方法や自身に合う方法を探すというペースで取り組んでみてください。別の方法を探すには、ご相談者と同じようなストレスを感じている周囲の人が行っている方法を尋ねてみるとヒントを得られるでしょう。また、爪かみを一切禁止にすると反動を招きやすくなります。癖が出そうになったときにホッとできることをする、くつろいで過ごせる場所で過ごすなど、代替案を用意しながら徐々に癖との折り合いをつけていくことをおすすめします。


外出先などでも指が口に行ってしまって困るような場合は、爪が口に入らないような工夫をしてみてはいかがでしょうか。たとえば手袋を装着する、マスクする方法等が考えられます。また、どうしても爪をかみたくなったときは、1、2、3……と、ゆっくり数を数えて深呼吸してみてください。肩を上下させたり、腕を回すといった軽い運動もリラクゼーション効果があります。


最後になりますが、爪をかまずに過ごせている時間もあるはずです。癖が出なかったときは、どのような状態で何をしていたかというイメージを思い返すことも役に立つでしょう。焦らず、無理のないように取り組んでみてくださいね。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。