Question

1年前のつらい出来事を毎日思い出す

約1年前につらいことがあり、それからほぼ毎日、その夢を見たり、そのことに関係する人や物を思い出します。1年前のことを考えるだけでパニック発作を起こしたりします。フラッシュバックが起こり、震えや涙が止まらないときもあります。これは、病気なのでしょうか?

女性/30代

2022/04/06

Answer

人は、ふだん出合わないような衝撃的な出来事を経験したりすると、心身にさまざまな影響が出ることがあります。相談者の場合も、おそらく自分だけでは抱えきれないような、つらい出来事だったのではないでしょうか。それを乗り越えようとして、現在もからだに症状が出ているように感じられます。


今の状態が病気なのかどうかは簡単には判断できませんが、気になるのは、およそ1年前の出来事に対して症状が出ている、という点です。通常、急性のストレス反応であれば、症状は1カ月程度でおさまってくることが多いとされています。しかし、1カ月以上も悪夢やパニック発作、フラッシュバックなどがつづくのは、急性の症状とはいえない状態で、専門の医療機関を受診されることをおすすめします。この場合、心療内科、精神科、精神神経科などがよいかと思います。


受診によってつらい記憶がなくなるわけではないものの、今出ている苦しい症状を抑えることはできると思います。心身はつながっているので、からだの状態が改善し健康になると、少しずつ心の負担も軽くなってくると考えられます。一歩一歩階段を上るように心身の状態を整えていくことで、つらい出来事を乗り越える力をつけていくことが大切です。


専門医への相談以外で、気をつけるべきこととしてはまず、1人で苦しみを抱えずに、家族や親しい友人など信頼できる人と一緒に過ごすように心がけることです。気持ちを聞いてもらったり、理解してもらえたりすると、それだけで少し楽になる場合もあります。また、生活リズムの乱れは心身を不安定にする原因にもなるので、できるかぎり規則正しい生活を意識し、食事、睡眠、休養を十分にとることも大切です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

トラウマ
パニック発作
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。