Question

親が入院。ケアマネジャー、事業者を選ぶポイントは?

先日、親が入院し、親の介護保険の申請をしました。ケアマネジャーをはじめ、利用施設・サービスなどを選ぶときのポイントを教えてください。

男性/50代

2022/03/21

Answer

介護保険のサービスは、ケアプラン(介護サービス計画)にしたがって行われるので、介護認定を受けたら、まずはケアプランを作ります。その手助けをしてくれる人がケアマネジャーです。


● ケアマネジャーの選び方

 ・ 要介護者の意見を聞き、意向を第一に尊重してくれる

 ・専門知識があり、十分な情報を提供してくれる

 ・サービス事業者などとチームワークが取れる

 ・ 気軽に自宅に足を運んでくれてフットワークがよい

ケアプランの原案ができ上がったら、サービスの種類ごとに自分の気に入ったサービス事業者を選びます。 利用の申し込みは自分で連絡してもよいし、担当のケアマネージャーに手配してもらってもかまいません。


●事業者との契約の際のポイント

ケアマネジャーにケアプランを作ってもらう場合、一般的には、すすめられたサービス、すすめられたサービス提供事業者を利用しがちですが、介護保険は利用者本位、自己決定が原則となっています。自分で選択し、契約するようにしましょう。 契約時は、契約書と重要項目説明書にしっかり目を通して署名、捺印しましょう。重要事項説明書には、大切なことが書かれています。重要事項説明書は、ただ契約書と一緒に渡されるのではなく、事業者は必ず重要事項説明書を見せながら口頭で利用者に説明することになっています。説明がない場合は申し出ましょう。

【確認注意事項の例】

・料金のしくみがわかりやすく書かれているか。

 保険給付の対象となるサービスの利用料について(自己負担は原則1割)

 保険給付の対象とならないサービスの利用料について(全額自己負担)

 体調不良などの理由でキャンセルした場合の取扱いについて

・サービスの内容や直接介護してくれる人の変更はできるか。

・事業者は、賠償保険に入っているか。


わからない点などがあれば、どのようなことでもあらかじめ十分に尋ね、契約は書面で行いましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

親の介護
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。