Question

市販のかぜ薬の選び方は?

かぜの市販薬を選ぶときのコツ、服用時の注意点はありますか。

女性/30代

2022/02/16

Answer

かぜウイルスそのものを撃退する薬はありません。かぜ薬は、症状を軽くし、体の抵抗力をつけるためのもの。症状にあった薬を飲むことが大切です。


日本OTC医薬品協会によると、普通のかぜであれば症状の改善は2~3日でみられるため、5~6回服用しても症状の改善がみられないようであれば、症状の悪化や他の疾患なども考えられるので、服用を中止し、医師、薬剤師、登録販売者に相談して指示を受けるようにとすすめています。


●総合感冒薬

・かぜの諸症状を抑えるものです。

・熱や痛みを緩和する解熱鎮痛薬、せきやたんを鎮める鎮咳・去たん薬、鼻水を抑える抗ヒスタミン剤などが配合されたものを指します。

・なかには、抗炎症剤、ビタミン剤、漢方薬のもとになる生薬を配合しているものもあります。


●のどかぜには

・のどの粘膜が腫れて乾燥しているために、せきが出たり、のどが痛くなったりします。

・抗炎症作用のあるものや、鎮咳・去たん薬に殺菌・消毒の作用が加えられたトローチなどを用います。

・せきやたんがひどいときに飲む鎮咳・去たん薬には、漢方生薬の桔梗(ききょう)や麻黄(まおう)などが含まれているものがあります。


●鼻かぜには

・鼻の粘膜が腫れて、鼻水が出たり、鼻づまりになったりします。

・鼻水には鼻汁分泌抑制剤、鼻づまりには点鼻薬を用います。

・抗ヒスタミン剤は鼻づまりなどにも効果があります。


●発熱時は

・ウイルスに感染すると、体は感染病原を抑えようとして熱が出て、体のさまざまな防衛機能が促進されます。しかし、発熱は体に相当な負担をかけるため、発熱が長びき、体力を消耗して食欲もなくなってきたようなら解熱薬を使います。

・痛み止めの効果もあるので、解熱鎮痛薬とも呼ばれているのものです。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

市販薬

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。