Question

50代。家族の問題で悩み、仕事も気力が…

仕事優先だったのですが、40歳を過ぎた頃から、家族問題や孤独に悩むようになりました。母が亡くなり、父の老後、妻、息子や娘の教育のこと、会社では窓際の中間管理職で、仕事に熱意をもてません。バブル期に入社、食事と睡眠以外に私的な時間がもてないほど上司に仕込まれ、燃え尽きました。男性にも更年期や心の障害はあります。相談ごとをするのは若い女性社員が多く、若い男性社員も不満を口にしますが、私は会社の不満を言ったことはありません。家庭環境の変化は心身ともに疲れます。不眠不休の独身時代のツケが回ってきました。

男性/50代

2022/01/28

Answer

文面から、独身時代、そしておそらく家庭をもってからも、プライベートの時間を犠牲にしながら、仕事に心血を注いできた様子が伺えました。そんな自分を、まずは十分にねぎらってあげてくださいね。


40歳を過ぎる頃というのは、自分をとり巻く環境がさまざまに変化していく時期でもあります。20代、30代では悩まなかったことが、クローズアップされることが多いと思いますし、体力面や健康面でも、若い頃よりも注意を払う必要が出てきますよね。


ただ、決して悪いことばかりではありません。年齢を重ねてもいきいきと生活している人はたくさんいます。人生が長くなった現代だからこそ、中年期以降をどのように生きるかというのは、誰にとっても大きなテーマなのではないでしょうか?


環境が変化していくことを考えると、自分の価値観もそれに合わせて少しずつ変えていく必要があると思います。誰しも一線を退くときはくるものです。そうなると、これからの自分の人生にとって何が大切かを今一度考えたり、家族との関係を見直せざるを得ない状況になります。一線を退くときが近づいている今が、新しい価値観を見出していく、よい機会になるのではないでしょうか。


「家族問題で孤独に悩む」「家庭環境の変化」とあり、あなたは、とくに家族との関係で悩みを抱えているようですね。40歳を過ぎた頃からということで、10年以上問題が改善せず、つらい状態が続いているのではと想像されました。長い時間のなかで家族との距離ができてしまった場合、すぐにそれを埋めるのはむずかしいかもしれませんが、少しずつでも改善していくために、何かできることはないでしょうか?


家族のなかでも、とくに夫婦がよい関係性を保つことはとても大切です。子どもや親のことを考えるうえでも、夫婦での話し合いが必要ですし、子どもが自立した後は、2人で人生を歩んでいくことになります。家庭の状況や、これまでの経緯などがわからず一概には言えませんが、まずは奥様との関係を見直してはいかがでしょうか?


一般的に、結婚して長い時間が経ったり、子育てで忙しかったりすると、夫婦間のコミュニケーションがおろそかになりがちです。あなたも当てはまるのなら、きちんと時間をとって、奥様と話す機会を定期的につくり、今の家庭の状況に対するお互いの気持ちや考えを伝え合ってはいかがでしょうか? 取り組むべき課題がある場合は一緒に考え、対応していきましょう。人間関係やコミュニケーションにおいては、自分が変わることで、相手も変わっていくことがよくあります。


また、文面にもあったように、男性にも更年期の症状やメンタル不調が生じることがあります。眠れない、食欲がないなど、いつもと違う状態が2週間以上もつづいたり、仕事や日常生活に支障が出たりするときには、早めに精神科や精神神経科、心療内科などの医療機関を受診されることをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。