Question

左腕の付け根の痛く、腕が回らない

最近、左腕の付け根が痛くて腕回しができません。何科に行けばよいでしょうか?

男性/70代~

2022/01/28

Answer

腕の付け根に痛みがあるとのこと、利き腕でなくても、着衣などふだんの生活がしづらくなり、お困りのことと思います。


腕の付け根には、複雑な構造をもつ肩関節があります。腕の付け根に起こる痛みの多くは、この肩関節が原因となっていると考えられます。


肩の骨組みともいえる骨格は、鎖骨、肩甲骨、上腕骨で形づくられています。その骨を支えたり、固定してくれるのが、骨と骨をつなぐ靭帯、筋肉と骨をつなぐ腱や腱板、肩甲骨を支える僧帽筋などのたくさんの筋肉です。肩関節にある肩甲骨や上腕骨などが、一緒にうまく動くことで、腕を上げたり回したりすることができるのです。


このような複雑な構造を持つ肩関節だからこそ、肩に起こる病気には、さまざまなものがあります。日常生活での注意で改善できる肩こりから、40歳代から増えてくる五十肩、加齢によって自然に起こることもある肩腱板断裂や変形性の病気など、早めの治療が必要な病気が隠れていることもあります。


五十肩は、50歳代に多くみられます。肩関節の周辺に石灰(カルシウム)がついて、強い痛みが表れます。痛みは肩から腕にかけて感じることが多く、腕を上げようとするときに痛むため、日常生活に支障をきたします。夜も眠れないほどの激痛が起きることもありますが、多くは1~2年ほどで自然に治ります。痛みで関節が動く範囲が狭くなることもあるため、適切な治療や肩の運動が必要です。


肩腱板損傷は、上腕骨の骨頭に付属する腱板が切れる病気で、利き腕側の肩に起こりやすいのが特徴です。痛みが強く日常生活がしづらいときには、手術をすることもあります。


変形性肩関節症は、肩関節の軟骨がすり減ったり、なくなる病気です。70~80歳代で増えてきています。軟骨がすり減ると、硬い骨どうしが直接ぶつかるため、強い痛みが起こり、骨が変形してしまいます。股関節のように体重がかかる関節ではありませんが、症状が進行すると関節の動きが制限され、強い痛みを感じるようになります。


腕の付け根にある肩関節が原因で起こる痛みは、病気によって治療法が異なり、放置してしまうと、痛みが長引いたり悪化したりすることも。整形外科では、まず肩関節や周囲の組織の状態を調べ、筋肉や痛みの状態、腕や肩の動きなどを診る視触診が行われます。必要に応じ、X線検査で石灰がついていないかどうかを確認したり、MRI検査で腱板の状態を確認します。


ご相談者のような症状があれば、早めに整形外科を受診することをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

五十肩
関節痛
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。