Question

トランス脂肪酸を避けるため気をつけること

トランス脂肪酸の摂取を避けたいのですが、食生活では何に気をつければいいのですか。

女性/30代

2022/01/28

Answer

トランス脂肪酸は、過剰に摂取すると、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患のリスクが高まるとされ、世界保健機関(WHO)は2003年に「トランス脂肪酸量は総エネルギー摂取量の1%未満に」と勧告しています。


日本人のトランス脂肪酸の摂取量は、総エネルギー摂取量の0.44~0.47%と報告されています。これはWHOの目標を十分に下回っている数値ですが、脂質に偏った食事をしている場合は注意する必要があります。


トランス脂肪酸は、ショートニングやマーガリン、あるいはこれらを多く使用した菓子類(ケーキやドーナツ、菓子パンなどの洋菓子類)やスナック菓子などに多く含まれています。こうした食品を多く食べる人は、トランス脂肪酸を多く摂取している可能性があるため、食べる頻度や量を減らすとよいでしょう。


なおトランス脂肪酸を多く含む食品は、そもそも脂質が多く、LDLコレステロールを増やす飽和脂肪酸も多いため、トランス脂肪酸だけを減らそうとするより、脂質の多い料理や食品をとりすぎないことが大切です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。