Question

HDLコレステロール値が高い場合の食事

HDLコレステロール値が高めですが、食事で注意することはありますか。

女性/40代

2022/01/30

Answer

善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロール値は、一般的に低いと健康上のリスクとなり、数値が高いと動脈硬化のリスクが低くなります。脂質異常症の診断基準では、40mg/dL未満の場合、低HDLコレステロール血症と診断されます。


100mg/dL以上の場合は、高HDLコレステロール血症と呼ばれますが、このうちの3人に1人は、コレステロールエステル転送たんぱく(CETP)欠損症といって、肝臓がHDLからコレステロールを回収できないため、血中のHDLコレステロールが非常に多くなるケースと考えられています。


このような高HDLコレステロール値が、動脈硬化症にどのような影響を与えているかは、今のところ明確ではありません。ただ、コレステロールエステル転送たんぱく(CETP)欠損症による、高HDLコレステロール血症では、動脈硬化性疾患が見られたという報告があるため、動脈硬化性疾患のリスクがあるかどうか、医師にご相談することをお勧めします。


HDLコレステロール値が高い場合、食事についての特別な注意点はありません。一日三食、バランスよくとるようにしましょう。ただ、前記のような動脈硬化性疾患のリスクがある場合は、医師の指示に従ってください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

HDLコレステロール

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。