Question

人工甘味料の種類

人工甘味料の種類にはどんなものがあるのでしょうか?

男性/40代

2022/01/28

Answer

食品の甘味料には、砂糖、果糖、オリゴ糖、キシリトールなどの糖質甘味料と糖質以外の原料を用いた甘味料(非糖質甘味料)があります。非糖質甘味料のうち、化学合成されたものを人工甘味料といいます。おもな甘味料の種類は次のとおりです。


●糖質甘味料

・糖類:砂糖、ブドウ糖、果糖、麦芽糖など

・オリゴ糖類:イソマルオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖など

・糖アルコール:エリスリトール、キシリトール、ソルビトール、マンニトールなど


●非糖質甘味料

・天然:ステビア抽出物、ラカンカ抽出物、カンゾウ抽出物

・合成(人工甘味料):アスパルテーム、サッカリン


人工甘味料のアスパルテームは、1g当たり4kcalのカロリーがありますが、砂糖の200倍の甘みがあり、使用量が少ないため、低カロリー甘味料や清涼飲料用に利用されています。サッカリンは、カロリーゼロで、砂糖の500倍の甘みがあり、ダイエット甘味料やチューインガムなどに使用されています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

栄養
健康トリビア
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。