Question

アルツハイマー病とアルミニウムの因果関係

アルミニウムがアルツハイマー病と関係があると聞きました。調理にアルミ鍋を使っても大丈夫ですか。

女性/50代

2022/01/28

Answer

アルツハイマー病の発症に、アルミニウムが関連しているという情報が一時期ありましたが、現在は、アルミニウム摂取との因果関係を証明するものはないとされています。


 世界保健機関(WHO)などによる専門家会議は、アルミニウムを一生とり続けても健康に影響がない1週間の許容量を、体重1㎏あたり2mgとしています。これは、体重50 kgの人で1日14 mgです。


 実際に、アルミニウム器具から溶け出るアルミニウムはわずかで、加熱調理をすべてアルミニウム製の鍋でおこなった場合、アルミニウムの摂取量は、調理器具から1.68 mg、アルミ箔製品から0.01 mg、飲料缶から0.02 mgと推定されています。酸や塩分濃度の高い食品をアルミニウム容器で調理、保存した場合は、アルミニウムの溶出が増えますが、それでも摂取量は6mg程度と推定されています。


 このため、日常生活において過度に心配する必要はないと考えられています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。