Question

大腸ポリープは何mmから切除するか?

検査で大腸ポリープが見つかった場合、どの程度の大きさなら切除しますか?

女性/50代

2022/01/28

Answer

大腸ポリープは、腺腫性ポリープ、過形成性ポリープ、炎症性ポリープなど、複数のタイプに分類されます。そのうち、がん化する可能性があるのは、腺腫性ポリープの一部です。ただ、がん化するには、通常10年以上かかると考えられています。


腺腫性ポリープは大きいほどがんになりやすく、直径6mm以上の場合は、5mm以下の場合に比較して、がんの頻度が高くなり、また、がんとの区別が困難であることがみられることから、内視鏡を用いたポリープの切除が強くすすめられます。

一般的には、ポリープが直径6mm以上の場合は内視鏡切除を行い、ポリープが小さい場合は経過観察となります。ただし、5mm以下でも、平坦あるいはへこんだ形のものや、がんとの区別がむずかしい場合には切除がすすめられます。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

大腸がん
がん
ポリープ
経過観察

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。