Question

胸部X線、直接撮影と間接撮影の違い

肺がん検診の胸部X線検査で、直接撮影と間接撮影はどう違うのですか。

男性/40代

2022/01/28

Answer

X線撮影には直接・間接撮影のほか、デジタル方式があります。直接撮影と間接撮影は、X線をフィルムに写しこむ方法が異なります。


 直接撮影は、X線が人体を透過したものをフィルムにそのまま写し込み、画像の大きさはほぼ実物大になります。

 間接撮影は、人体を透過したX線をいったんスクリーンに写し、その像をミラーカメラという別カメラでフィルムに写し込みます。画像の大きさは、ミラーカメラのフィルムの大きさに縮小されます。


 撮影時の放射線被ばく量は、直接撮影のほうが少なく、間接撮影は直接撮影の約1.5~2倍の被ばく量となります。


 撮影枚数は、間接撮影では直接撮影の約1.5~2倍(1時間あたり)多く撮影できます。また、直接撮影は1枚ずつのフィルムになりますが、間接撮影はロールフィルムを使います。そのため、限られた時間に多人数を撮影するためには便利な方法で、検診車などで搭載されます。


 デジタル方式は、撮影時の放射線被ばく量が少なく、近年は、直接・間接X線撮影によるフィルム診断から、デジタル撮影とモニタ診断が主流になりつつあります。検診車でもデジタル撮影装置を導入している例があります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。