Question

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの違い

白内障手術に使われる眼内レンズには、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあると聞きました。違いを教えてください。

女性/60代

2022/01/28

Answer

従来、白内障の手術で使われてきたのは単焦点眼内レンズです。この眼内レンズは視力を回復させることはできるのですが、一点でしか焦点を結ばないため、術後、人によっては複数の眼鏡が必要となります。


こうした欠点を補うために開発されたのが、多焦点眼内レンズです。この眼内レンズは、遠くも近くも焦点が合うので、術後に眼鏡の必要性が軽減し、不要になる場合もあります。

ただし、これらの効果は手術をしたすべての人に保証されるわけではありません。

また、多焦点眼内レンズは遠近両用眼鏡のようなものですから、自由にピントが合わせられるわけではありませんし、慣れないうちは不自然さを感じることもあります。

 

どちらの眼内レンズを使うかは、患者さんの年齢や目の状態などに応じて決められます。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

白内障
高齢期
手術
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。