Question

50代、加齢臭が気になる

最近、体臭が強くなったようで、娘から加齢臭かもといわれました。加齢臭の原因や対策を教えてください。

男性/50代

2022/01/28

Answer

加齢臭とは、加齢によって起きる体臭のことで、蝋(ろう)や古新聞、ブルーチーズのニオイなどと表現されることがあります。

この臭いはノネナールという物質が原因です。ノネナールは、からだの皮脂腺(皮膚にある脂腺)から分泌された皮脂に含まれる脂肪酸が変質してできる不飽和アルデヒドの一種です。脂肪酸は中性脂肪などを多く含み、酸化すると不快な臭いを発生します。

とくに40歳代以上になると、皮脂中の脂肪酸が増加して酸化しやすくなり、ノネナールが増加すると考えられます。

皮脂腺は全身にありますが、頭や耳の後ろ、顔のTゾーン(額や鼻など)、胸、背中、陰部などに多くあります。

加齢臭に悩むのは、一般的に中高年の男性が多いようですが、女性にも加齢臭は起きます。女性はもともとホルモンの影響で皮脂が少ない傾向にありますが、更年期を向かえるころから、汗の量が増えたり、体温が高くなったりして、皮脂の分泌が増えるようになるからです。


加齢臭の対策としては、外面と内面、それぞれの方法があります。

外面からの対策は、入浴や下着の洗濯などをこまめに行い、からだや衣服を清潔にすることです。加えて、制汗剤やからだを清潔に保つウエットシートなどを使うのも効果があると考えられます。

内面からの対策には、食生活とその他の生活習慣によるものがあります。

食生活では、一般的に加齢臭を強くすると考えられる肉や乳製品など動物性脂肪のとりすぎを抑えること、ビタミンCやビタミンEを多く含む緑黄色野菜や果物、ナッツ類など抗酸化を抑えるといわれる食品を積極的にとるとよいでしょう。また、食物繊維を多く含む食品を食べ、便通をよくして、それに伴う代謝を改善させることも大切です。

生活習慣では、活性酸素を増やすといわれるストレスの解消を目指しましょう。そのためには、適度な運動が効果的です。また、喫煙者は加齢臭が強い傾向があるといわれていますので禁煙を心がけましょう。

加齢臭は病気ではないので、あまり気にしすぎないことも大切です。ただし、糖尿病や腎臓の病気などでも体臭が強くなることがあります。もし、何かほかに気になる症状があれば、念のために一度受診されることをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

体臭
におい
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。