Question

血圧の上下の差は大きい方がいい?

血圧の上下の差が小さいのですが、差が大きいのと小さいのではどちらがよくないのでしょうか。

男性/50代

2022/01/28

Answer

上の血圧は収縮期血圧、下の血圧を拡張期血圧といい、上下の差を脈圧といいます。この脈圧は、小さいほうがよいことがわかっています。

たとえば、収縮期血圧が160mmHgで、拡張期血圧が80mmHgの人と60mmHgの人の場合では、脈圧が大きい60mmHgの人(下:60~上:160と差が100)が重症な高血圧といえます。

若いうちは拡張期血圧が、55歳以上になると収縮期血圧が、将来の循環器病のリスクを反映するといわれています。


収縮期血圧は、加齢とともに上がります。一方、拡張期血圧は、血管が固くなることにより、血液を押し進める力が弱くなったことで下がってくるのです。

脈圧が大きいということは、それだけで血管が固くなっていることを示しています。つまり、脈圧が大きいということは、動脈硬化が進んでいると考えられます。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

健康トリビア
高血圧
血圧

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。