Question

乳児ボツリヌス症の診断と治療

乳児ボツリヌス症の診断や治療について教えてください。

女性/20代

2022/01/28

Answer

1歳未満の乳児がボツリヌス菌の芽胞を含んだ食べ物を摂取すると、乳児ボツリヌス症を発症する場合があります。ほとんどが原因不明ですが、ハチミツの摂取と関連しているといわれています。

乳児ボツリヌス症は、乳児の便や血清、あるいは原因と思われる食品から、ボツリヌス菌またはボツリヌス毒素を検出することで診断します。

菌や毒素の検出では、便がもっとも適していますが、便秘が続いて便の採取が困難であることが少なくありません。そこで便秘改善のために、浣腸をする場合があります。それでも便が取れない場合、回収された洗浄液や、肛門をぬぐった綿棒などから菌を採取することもあります。

検査によって乳児ボツリヌス症が確定したときや、症状から乳児ボツリヌス症が疑われるときには、ただちに治療が開始されます。通常は、人工呼吸器で呼吸を管理しながらの対症療法が行われます。

ボツリヌス食中毒は毒素そのものを摂取することで発症しますが、乳児ボツリヌス症では体内で増殖した菌が毒素を産生して病気を引き起こすため、抗菌薬を投与して除菌が行われる場合もあります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

食中毒
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。