Question

卵管の通過性を調べる検査とは

不妊治療を始めたのですが、卵管の通過性を調べる検査で造影剤を使うといわれました。どんな検査でしょうか。

女性/30代

2022/01/28

Answer

卵管の通過性を調べる検査としては、子宮卵管造影検査(HSG)が行われます。検査後に妊娠に至るケースが多くあり、不妊治療で早期に行うべき重要な検査のひとつです。結果によって治療法が異なる場合があります。


子宮卵管造影検査とは、月経の直後に造影剤を子宮腔内に注入、エックス線で撮影して子宮内部や卵管の形を観察する検査です。卵管の先端まで造影剤が満たされたときと、造影剤が腹腔内に流出したときに1枚ずつ撮影します。


使用する造影剤には油性と水溶性があり、油性の場合は次の日にさらにもう1枚撮影するのが一般的です。油性の造影剤を用いると妊娠率が高まるという報告がありますが、水性、油性のそれぞれにメリット、デメリットがあります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

妊娠
不妊
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。