Question

低血圧の診断基準

健康診断などで血圧を測定する際、いつも「低血圧ですね」といわれます。日常生活でとくに使用はないのですが、低血圧の診断基準について教えてください。

女性/20代

2021/12/21

Answer

低血圧とは、WHOの基準では、最高(収縮期)血圧が100mmHg以下、最低(拡張期)血圧60mmHg以下をいいます。


血圧が低くても、とくに症状がない場合は、「血圧の低い健康な人」と考え、低血圧といいます。これに対して、何らかの症状を伴う場合は低血圧症といいます。

低血圧症には、原因のはっきりしない本態性低血圧症と、循環器や呼吸器、内分泌の病気や神経疾患、薬によるものなど、原因が明らかで血圧が低下する症候性低血圧症があります。

とくに多いのが、原因のはっきりしない本態性低血圧症です。やせ型の若い女性に多くみられ、全身倦怠感や疲労感、頭痛、耳鳴り、動悸、めまい、食欲不振などの症状が起こることがあります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

低血圧

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。