Question

みずぼうそうの家庭内感染の予防

子どもがふたりいるのですが、上の子がみずぼうそう(水痘)にかかりました。下の子はまだ乳児なので、感染して重症化することが心配です。どのように対処したらよいでしょうか。

女性/20代

2021/12/21

Answer

みずぼうそう(水痘)は、生後1カ月の乳児にも感染します。水痘に対する十分な免疫がない場合、発症者との接触後できるだけ早く、少なくとも72時間以内に水痘ワクチンを緊急接種することにより、 発症の防止と症状の軽症化が期待できます。

また、母親にみずぼうそうの免疫がある乳児は、それをもらって生まれてきますので、重症化しにくい傾向にあります。

接触して2週間経過したころが、発疹などの皮膚症状や発熱が出やすい時期です。もし症状が出たら、すぐに医師の診察を受けましょう。受診して抗ウイルス薬を使用すれば、発症しても2~3日で症状が軽くなります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

水ぼうそう
発疹
発熱
ワクチン
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。