Question

「ねぎはかぜよけになる」のは本当?

ねぎに含まれる栄養について教えてください。「ねぎはかぜよけになる」といいますが、どういう理由からでしょうか。

女性/40代

2021/12/21

Answer

昔からねぎは東洋医学において、血行をよくして体温を上げる性質がある「温」の食べ物で、かぜ、寒気、冷えなどに効果があるとされてきました。

注目したい成分には下記の2つがあります。

・硫化アリル

ねぎに含まれる香り成分で抗酸化作用や殺菌作用があり、高血圧の改善やがん予防、動脈硬化の予防などに効果があるとされていますが、現時点では人体における有効性についての十分な情報はない。

・β-カロテン

ねぎの青い部分に多く含まれ、粘膜を丈夫にする作用があるのでかぜ予防に役立つ。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

かぜ
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。