Question

ほくろ除去、レーザー治療後のケア

レーザー治療でほくろを除去しました。痕が残らずにきれいに治すケア方法を教えてください。

女性/40代

2021/12/21

Answer

レーザー治療で使用する光は、非常にエネルギーが高く皮膚に熱作用を起こします。そのためレーザー治療後の皮膚は一種の軽いやけど状態になっているので、完全に治療が終わるまでには、ある程度時間がかかります。


治療後の処置は、軟膏、絆創膏やテープなどで患部の保護を指示される場合や、またそのまま様子をみる場合もあり、医療機関によって若干対応が異なります。


現時点では、経過がよいのはどの方法か、はっきりとした基準はありませんが、軟膏で患部を保護する処置はよく行われているようです。このほか、レーザーをあてた部分はできるだけ触らない、こすらない、かさぶたを無理にとらないなどのほか、医師の指示によるビタミンCなどの内服や、日焼け止めなどによる紫外線防止策も推奨されています。


レーザー治療後の色素沈着は、通常2、3カ月で落ち着きますが、紫外線を浴びることで長引くことがあるので、夏以外でも数カ月間ほどは紫外線対策がすすめられます。1日の中でも、午前10時から午後2時にかけては紫外線の量がもっとも多くなります。直接浴びなくても、照り返しの影響も受けます。日焼け止め対策にはいろいろな商品が出ていますが、日焼け防止には紫外線A波(UVA)とB波(UVB)の両方を防止する製品を選ぶとよいでしょう。また、大量の汗をかく場合はウォータープルーフタイプが便利です。使用状況に応じて使い分けましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

治療後のケア
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。