Question

管理職を引き受ける自信がない

管理職への昇進を打診されましたが、人の上に立つことが苦手な私には、重荷となり気が進みません。このまま現場の仕事を続けたい気持ちのほうが強く、引き受ける自信がなく迷っています。

男性/40代

2021/12/21

Answer

かつて「管理職になる」ことは社会人としてのステータスであり、組織の中で「昇進する」のは名誉なことだと考えられていました。しかし、最近では「管理職にはなりたくない」と考える社員が多いことが社会現象にもなっているようです。その原因の一つには、「管理職になるメリットが少ない」ことがあるのではないでしょうか。


あなたが「管理職になりたくない」と考えるのはなぜでしょう。成果を上げる責任を負わされることに、プレッシャーを感じているからですか。それとも、部下の指導や管理をするのは苦手だからでしょうか。あるいは、全額支給されていた残業代が一律の管理職手当に変わることで、収入面でのデメリットを考えている場合もあるでしょう。このように、「面倒なことは引き受けたくない」「割に合わない」と感じる人も多く、「管理職に対するマイナスイメージ」を強く抱いている可能性があります。


確かに、管理職の仕事は大変です。しかし、あなたが今まで現場の仕事に邁進できたのは良き上司に恵まれていたからではないでしょうか。そうであれば、身近に「目指したい管理職のモデル」となる存在があると、現実的なイメージが湧きやすくなるはずです。また、「昇進」を重く受け止めず、「ステップアップ」や「挑戦」と考えてみてはどうでしょうか。今まで地道に仕事に向き合い、現場の仕事の重要性を知っているあなただからこそ、部下の気持ちに共感できる管理職になれることでしょう。


それでも不安ならば、「人の上に立つことが苦手」だということを、あらかじめ上司に伝えておけば、困ったときには、上司からサポートを得ることができると思います。最初から、一人で何もかも背負い込もうと思わず、当面は上司を見習う気持ちで焦らず進んでみましょう。現場のメンバーとして努力してきたあなたが管理職を務めることによって、部下の刺激になり、成長にもつながるでしょう。人の上に立つことへの苦手意識も、実際に体験することで克服につながるかもしれません。今までとは異なる立場になったからこそ見える景色に、出会える可能性もあるはずです。


今回の管理職への打診は、あなたの今までの働きぶりが認められた証です。この評価を前向きに受け止めることで、自信につなげてはどうでしょうか。今回の新たな挑戦が、あなたの仕事により広がりを持たせてくれると思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

職場の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。