Question

育休から職場復帰するも体調を崩した

育児休暇を終え、仕事に家事、育児と一生懸命やってきましたが、体調を崩してしまい、今は休職しています。もともと働くことは好きなので、働いているときは心身ともに充実しているように感じ、疲れやストレスに気づきませんでした。このように、知らない間に疲れやストレスがたまっているということは、よくあることなのでしょうか。また、今後そうならないためのアドバイスをお願いします。


女性/30代

2021/12/21

Answer

子どもの世話や家のことだけでも大仕事なのに、久しぶりの仕事にも奮闘され、どうやらからだが悲鳴を上げてしまったようですね。充実した日々を過ごしていたのに、休職を余儀なくされ、今後の生活をどのように組み立てればよいかと悩む気持ちが伝わってきます。


「知らない間に疲れやストレスがたまっていることはよくあるのか」というご質問ですが、例えば、ある朝、急にからだが鉛のように重く感じられて動けなくなったり、悲しくもないのに涙がポロポロ出てしまうといったことは、しばしば見受けられることです。本人にとっては、突然のことでびっくりするのですが、あとで振り返ってみると、実はずいぶん疲れがたまっていたり、ストレスにさらされながら奮闘したりしていたことに気づくものです。

脳の神経は、交感神経という緊張する場面で活躍するものと、副交感神経といういわゆるからだをケアするための神経が交互に働いています。重大なできごとや環境の変化があると、交感神経がフル稼働し、その状況に対処しようと頑張ります。あなたの場合も、仕事や子どものことで頭が一杯になり、自分のからだをケアする副交感神経の働きが弱まり、いつの間にか体力を消耗してしまったのかもしれませんね。


今回、体調を崩されたとのことですが、これまでの経緯をゆっくりと振り返ってみてはいかがでしょうか。SOSのサインは人それぞれ異なり、肩こり・頭痛・便秘・下痢・腰や関節の痛みなど、いろいろな症状が現れます。また、からだの症状だけでなく、眠れなくなる、集中力が足りなくなる、匂いや音、光に敏感になるなどの場合もあります。

休職する前後を思い出してみてください。自分にどのような変化の兆候があったでしょうか。家族や職場の身近な方々に、体調を崩し始めたときの自分の様子について聞いてみると、参考になるかもしれません。


最後に、出産後しばらくはホルモンバランスが乱れ、思わぬ影響がからだに出ることがあります。昔は、母親は「産後3週間は水仕事はしない、風呂も控える」など、今では衛生上からも考えられないような慣習がありました。水くみが重労働であった時代には、母体を守るために必要な考え方だったのでしょう。現代は、洗濯機や食器洗い機、シャワーなど、便利で快適な設備が揃っていますが、その分ひとりで行わなければならないことも多くなりました。充実した子育てをするためにも、気持ちにブレーキをかけ、頑張りすぎないように工夫をしていくことが必要です。ゆったりと過ごすこと、早めに休むことを心がけ、あせらずに回復を目指してくださいね。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

仕事と家庭の両立
子育て
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。