Question

異動後の業務が苦痛

異動願いを出して、一年前に子会社に出向しました。しかし、「専門的な知識をもっと広く勉強できると」考えていた私にとっては期待外れで、部門異動するか、本社に戻りたいと考えてます。上司に相談をしたところ、「考えておくが、(異動は)難しいかも知れない。まずは、今している仕事に集中しなさい」と言われました。決して今の仕事を馬鹿にしているわけではなく、単にもっと知識と経験を積み重ねたいだけなのです。最近は重苦しい気持ちで仕事をしているためか、業務効率が上がらずますます気持ちが重くなってしまいます。仕事にも全くやりがいを持てず、職場にいることが苦痛でたまりません。

女性/30代

2021/12/21

Answer

異動を願い出てせっかく異動になったものの、期待外れの業務ばかりで、現在は職場にいること自体が苦痛でたまらないとのこと。



恐らく、あなたは明確に将来のビジョンをお持ちで、ご自身で深めたい知識や、経験の幅を広げたかったのでしょう。その仕事への思いの分だけ、わざわざ異動までしたにも関わらず意に沿わない業務ばかりという現状に、ガッカリした「期待外れ」感もさぞかし大きかったこととお察しします。



この1年、期待を裏切られたという気持ちを抱きながら業務をなんとかこなし、上司に相談しても現業務へ集中することを提案されたことで、「仕事」そのものに対する絶望感が強くなっているのではないでしょうか。



「現在の仕事を馬鹿にしているわけではない」と考えても、“自分の経験には必要ない仕事”と選別してしまうことで、日々の業務がますます重荷に感じてしまうものです。そして、“なぜ私がこんな事をしなくてはいけないのか”という気持ちが生じるのも当然です。同時に業務効率が上がらないことで、更に“やっぱり私の仕事ではないから”と重い気持ちになり、いわゆる悪循環に陥ってしまいます。



本来のあなたが、「仕事」そのものへの熱意を十分にお持ちであることが伝わってくる分だけ、実力を発揮できず悩まれている状態がとても惜しいように感じました。



「仕事」と一口に言っても、“給与の対価である労働”や“夢の実現のための手段”など、人によっていろいろな意味合いがあります。そして、あなたも十分ご承知のとおり、組織に属している以上、ある程度意に沿わない業務に就くことも考えなければなりません。今のあなたは、「業務内容」ではなく、「仕事」そのもの(働くということ、と言ってもよいかもしれません)に対して、どのような目的をもっているでしょうか。この目的をご自身で整理することによって、今この苦痛を乗り越えるべきか、回避すべきかなど、対処すべき点がある程度明確になります。



また、本社でも子会社でも構いませんが、今のあなたの状況や思いを率直に話せる先輩や同僚はいるでしょうか。あなたが目標にしていたり、尊敬している人がいるようなら、ぜひ相談してみることをお勧めします。あなたが尊敬できる方が、同様の状況の時にどのように考え、どう対策を立てて乗り越えたのか、そして今の“その人”が在るのか、を聞いてみることは、あなたの「仕事」そのものへの向き合い方を考えるよいヒントになるはずです。



最後になりますが、「重苦しい」「職場にいることが苦痛」とありましたが、そうした状態になって、どのくらい経つでしょうか。気分の落ち込んでいる期間があまりに長引いている場合や、他にも症状が出ている場合は、症状を和らげ、ある程度心身の状態を整えた上で物事を考えていった方が、本来のあなたらしい考えや選択、行動ができます。その場合は医療機関を受診し、専門医への相談を一考してください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

職場の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。