Question

慣れない職場に配属され、先輩から嫌味

大学卒業後、幹部候補生として今の会社に就職しました。学生時代は経済学を専攻していました。半年前に新人研修を終え、今の技術系の職場に配属になりました。今の現場での仕事は、手先の器用さが求められる仕事が主で、細かい作業が求められます。自分はもともと手先が不器用で、作業を上手く進めることが出来ません。思うように仕事ができていないのですが、大学卒の学歴があるため、現場では先輩から「大学出てるのにこんなこともできないのか」と嫌味を言われます。すっかり自信をなくしてしまいました。この会社でやっていけるのかと将来が不安になっています。

男性/20代

2021/12/21

Answer

ご自身で不向きと感じられる業務に就かれ、先輩からも心ないようなことをいわれているとのこと、ご不安を感じながらなんとか頑張って日々出勤されておられるご様子が目に浮かびます。



幹部候補生として入社されたことを思えば、今の状況下では打ちのめされたような、将来を憂うほどのショックを受けられても致し方ないことかもしれません。とはいえ、せっかく入社した会社です。会社生活の中で様々な人間関係を培っていくこともこれからの長いキャリアを考えていく上で大切なことかもしれません。そこで言葉を少し広い視野でとらえる練習をしてみましょう。



先輩からの「嫌味」の言葉の中に他の意味を見出すことはできないでしょうか。例えば、「大学を出ているかどうかは、会社や社会では関係ないこともある、前向きに仕事と向き合っていくことが大切なんだよ」あるいは、「会社では本人の希望と違った異動もあり得るんだよ」「最初から作業をうまく進めることができなくて当たり前なんだ」というような意味合いもあるかもしれません。このような様々なパターンをまずは考えてみましょう。



また言葉は、あくまでも発せられた表面上の文字列です。助けられることもありますが傷つくこともあります。今、あなたが傷つかれているのであれば、なぜ傷ついているのか立ち止まり考えてみましょう。それはつらい作業かもしれません。けれども、慣れない細かな作業に今、躓きを感じることができたように、あなたには自分を見つめ客観視する力があります。



自信をなくしたあとに、何を見つけていくかが大切です。先輩からの言葉をどう受け止めていくか、それと同様、あらゆる物事の二面性を探求し咀嚼していくこともビジネスには必要不可欠です。今後のあなたの長期的なキャリアを描いたとき、現在の部署で学ばれたことは無駄にはならないと思います。視野を広く持ち、将来を捉えなおしてみましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

職場の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。