Question

適切な水分のとり方が知りたい

汗ばむ日が多くなったので、水分補給を心がけようと思っています。水分のとり方や種類を教えてください。

女性/70代~

2021/12/21

Answer

通常の生活でも、成人の1日量として、尿で1.5リットル、汗で0.6リットル、吐く息から0.3リットル、合計2.5リットル前後の水分が、からだの外へ排出されているといわれています。


一方、3食の食事からとっている水分量はおよそ1リットル程度であるため、食事以外の飲み物で水分を補給する必要があります。


水分補給で大切なことは、のどが渇く前に飲むということです。のどが渇いたときには、すでにからだの水分量は減っているので、早め、早めに飲むことが勧められます。特に、ご高齢の人は、暑さやのどの渇きを感じにくいため、注意が必要です。


1日にとる水分の目安量は、成人の場合、朝昼夕の食事に含まれる水分に加えて、200ミリリットル×8回です。たとえばですが、目覚めたときに1杯、昼食と夕食時に各1杯ずつ、食事と食事の間である午前10時と午後3時に各1杯ずつ、入浴の前後に各1杯ずつ、寝る前に1杯などと決めておかれると、忘れずにとることができます。また、運動習慣のある人は、運動前後に1杯ずつ、運動時間が長いときには、20分ごとに水分を少量ずつ補給するようにします。ただ、水分をとり忘れたからと言って、一度に多くの水分をとると、すぐに尿や汗で体の外に出てしまうので、少量ずつこまめにとることをお勧めします。


なお、腎臓や心臓などに何らかのご病気がある人は、主治医によく相談をして、適切な水分摂取を心がけましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

水分補給
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。